« メールサービスの運用について | メイン | CNET Japan Blogにエッセンシャル・サーチエンジン登場 »

2004/04/12

コメント

湯川鶴章

シリコンバレーのエンジニアの多くは英語圏でのサービスしか考えていないということを、わたしは過去に何度も実感しました。グーグルもご多分に漏れずということでしょう。そこでグーグルのインフラを使って日本的にアレンジすれば、いくらでも新しいビジネスが可能だとは思っているのですが、そういう動きするところは今のところgooだけでは。というより、日本では検索技術の可能性の大きさがまだまだ十分認識されていないのではないでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

フォトアルバム

Facebook

最新